サルもおだてりゃ木に登る

生きづらい世の中だけど感じることを感じるままに。

ドラマ『過保護のカホコ』はイライラするも高畑充希の演技はかわいくて高評価!?

スポンサーリンク



7月12日、ドラマ『過保護のカホコ』がスタートし、19日に第2話が放送されました。主人公を演じる高畑充希さんに、観た人からから高い評価が、また感想として「イライラする」や「共感する」も。どんなドラマなのでしょうか?

 

f:id:lajournal:20170720121802j:plain

出典:https://mdpr.jp/tv/detail/1701389

このドラマは、両親に過保護に育てられた女子大生の根本加穂子(高畑さん)が、世間の荒波に飛び込んで成長していくという物語で、第1話はカホコと母親の泉(黒木瞳さん)が就職活動の面接の練習をするシーンから始まりました。

その練習の中でカホコが答えに詰まると、母親が手助けしたり、毎日の日課として加穂子の幼少期のホームビデオを家族で鑑賞するとか、通学時は駅まで車で送り迎え、昼食は母親お手製の豪華お弁当と、甘やかしぶりが次々と描かれ、また、それを当然のように受け入れるカホコがいました。

「この高畑充希がすごい」「高畑充希のアホ演技がすごすぎて本当にアホに見えてきた」「カホコのキョトンとしてる顔腹立つー!」など、カホコ役の高畑充希さんの演技に対し、称賛の声が多かったように思います。

ただ、そんなカホコの日常が、自分に当てはまってしまって、ドラマを楽しめない人が続出だったんだそうです。例えば・・

  • 会社の後輩(25歳)が ・毎日お母さんにお弁当作ってもらってる ・お母さんに駅まで車で送ってもらってる ・昨年まで通帳はお母さんが管理していた 。
  • そういえば私も家から駅まで歩いたことない…むしろ道のりが遠過ぎるから家から駅まで車が普通…
  • 当たり前に私が大学生だとしても、低血圧で朝起きれないから起こしてもらうし駅まで遠いから車で送り迎えしてもらうしお金なかったらお弁当作ってもらうと思う。これって過保護なの〜〜??
  • 過保護のカホコ見てるけど、 大学どころか社会人なっても弁当作ってもらってる子なんてふつーにいるし、世の中過保護だらけ

など、ツイッターのツイートには、結構、同じような隠れ過保護もいるようでした。

そして、それとは別に「イライラする」という意見も多いですね。それがこちら・・

  • まあこれも母親のせいで、カホコは悪くないのですが・・・イライラする。
  • 全然悪い子じゃないけど、イライラする。天然ぶりがイライラする。
  • 麦野(竹内涼真)がイライラする気持ちわかります。
  • 個人的には自分のことを「カホコ」と名前で呼ぶところが一番むかつきます(笑)

あなたの過保護のカホコへの反響はいかがだったでしょうか?「共感派」なのか「イライラ派」なのか意見の分かれるところかもしれませんね。

わたしの感想としては、イライラするほど高畑充希さんの演技に嵌っているっていう事なんだと思いました。

このドラマは、そういう意味でも注目されると思いますね。