サルもおだてりゃ木に登る

生きづらい世の中だけど感じることを感じるままに。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』実写をアニメ映画が超えるのか?!米津玄師の主題歌の歌詞の意味は?

スポンサーリンク



今回は、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を見ていきたいと思います。知る人ぞ知るこの作品は、1993年に奥菜恵さん主演でドラマ放送され、その完成度の高さが話題となりました。

今回はその作品のアニメ映画化ということで、しかも、声優としての出演に広瀬すずさん、菅田将暉さん、宮野真守さん、松たか子さんなど強力な布陣で臨んでいます。

さらに、主題歌の作詞作曲は米津玄師さんで、歌はDAOKO×米津玄師のコラボ。話題性もあり、かつ、とても心にノロる楽曲となっています。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

この『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は実写版が先。普通アニメがヒットして実写の流れが多いのですが、今回はその逆。どんなアニメ映画になるのでしょうか?

ヒロイン奥菜恵さんのドラマとは?

1993年、オムニバステレビドラマ『If もしも』の一篇として『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の放送は急遽決まりました。本来放送予定のドラマが誘拐ものだったのに対し、実際に誘拐事件が起こっていたため差し替えられたからです。

しかし、この作品はその完成度の高さから絶賛されることとなります。そして、この作品でヒロインを演じた奥菜恵さんのアイドルムービーとしても完全なものだったようです。

大人びたミステリアスな美少女なずなと、まだ、発想がこどもの典道。まるで大人と子どものやり取りの中に、典道はなずなを通して大人の世界を垣間みていく。そんな素敵な感覚のドラマでした。

アニメ映画では?

f:id:lajournal:20170817113020j:plain

出典:http://getmoneyfp.net/post-6319

そんな実写版の奥菜恵さんがとても素敵だったため、アニメ映画ではどうなるのか楽しみではあるのですが、実は、設定がそもそも違っているんだそうです。ドラマの方は小学6年ですが、アニメでは中学1年生となっているようです。

簡単なあらすじとは?

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。「かけおち、しよ」。なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。
「もしもあのとき俺が…」。なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。

何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?

出典:https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=014496

声優は、ヒロインなずなを広瀬すずさん。典道を菅田将暉さん。総監督が新房昭之さん、監督が武内宣之さん、原作者は岩井俊二さん、脚本が大根仁さんと、よくもまあ集めれたと思う完璧な布陣。

果たして実写ドラマを超えられるアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』となったのでしょうか?

米津玄師の主題歌は「打上花火」!

そして今回のドラマの主題歌は、DAOKO×米津玄師のコラボ曲「打上花火」となっています。まず、普通に疑問に思うのは、映画主題歌で同じ「打ち上げ花火」という言葉が入るのに、どうして「打上花火」なの?という疑問。

f:id:lajournal:20170817113057j:plain

出典:http://getmoneyfp.net/post-6319

ここからの推察は、あくまで私の勝手な推察でしかありませんが、おそらく作者の米津玄師さんのこだわりなのではないかと思われます。

恐らく映画の世界観を米津玄師さんなりに表現したものではないかと・・・。しかし、それでいて、この詩の世界観は少し映画とは違うんだよと言っているような気になります。

この映画は若者の「もどかしさ」「せつなさ」「淡い恋」を描いた気がしていますが、米津玄師さんはその先を持描こうとしたのではと思います。まあ、わたしの妄想に近い推察ですけれど・・・(笑)。

そして曲も耳に心地よく残るもので、こりゃ、ヒットしますよねぇ~!