サルもおだてりゃ木に登る

生きづらい世の中だけど感じることを感じるままに。

とくダネ菊川怜の後任の女性新司会者、梅津弥英子アナと海老原優香アナの評判とは?

スポンサーリンク



今回は、フジテレビの朝の情報番組『とくダネ』で10月の番組改編により、菊川怜さんの後任の新司会者となった梅津弥英子アナウンサーと、そのアシスタントMCとして抜擢された海老原優香アナウンサーを見ていこうと思います。

 『とくダネ』新司会者は?

『とくダネ』といえば、小倉智明キャスターの「おはようございます」の妙に力の入った挨拶で始まるあの番組の事です。9月いっぱいで、結婚生活優先を理由に番組を降板した菊川怜さん。その後任がどうなるのか話題にもなりましたね。

結果は、菊川怜さんの立ち位置には、それまで進行役だった梅津弥英子アナウンサーがつくことになり、新しくアシスタントMCとして抜擢されたのが、新人の海老原優香アナウンサーとなりました。

f:id:lajournal:20171020113324p:plain

出典:http://mnsatlas.com/?p=25806

・・・っと、ここまでは既に新メンバーで番組もスタートしていますし、ご存知の通りですよね。新メンバーでの番組スタートから3週間がたとうとしていますが、二人のアナウンサーの評価や評判はいったいどうなのか?みていきたいと思います。

梅津弥英子アナウンサー

『とくダネ』の新キャストとして、世間で評判になったのは新人の海老原優香アナウンサーでした。しかし、菊川怜さんの後任というのは正確には梅津弥英子アナウンサーです。梅津アナは菊川怜さんの在任中もサブMCを務めていましたので、新しいには当たらないのかもしれません。

f:id:lajournal:20171020113442j:plain

出典:http://blog.fujitv.co.jp/tokudane-official/E20150115001.html

この3週間を見ていて、特に取り立てて言うほどのことはありませんでした。でも、過去には「とくダネ」の放送の中で、キャスターの小倉さんや菊川さんと意見が対立したこともあり、今後も目が離せないと思ってるのはわたしだけではないかもしれませんね。

一部では、梅津弥英子アナが、事件や事故のニュースの時、顔が「 泣きっ面」になるなど、顔に感情を出しすぎではないか?との意見もあります。それが「醜い」「嫌い」の声がある反面、「それがいい」「好き」の声もあり賛否要論のようです。

海老原優香アナウンサー

一方、新人アナの海老原優香アナは、「とくダネ」の先輩笠井アナが「20年近いとくダネ!の歴史で、新人がドンと入ってくるのは初めてなので」と言うとおりの抜擢。緊張して番組に入ったようですが、そろそろ慣れてくる頃。はたして、これまでの評価はどうなのでしょう?

f:id:lajournal:20171020113712j:plain

出典:http://matomame.jp/user/bohetiku/7e67356f766f2629c48b/1094c44fe9ef9feba1f6

調べると、「やらかし」があったようです。16日の放送で「先日行われたカワウソ総選挙において、見事1位に輝き、センターを射止めたカワウソが残念ながら選挙期間中に急死してしまった」というニュースを笑いながら伝えたようです。これに視聴者は・・

  • カワウソの話とはいえ、亡くなったのに笑って話すな
  • カワウソが死んじゃったことを笑って伝えるこの子は大丈夫?
  • カワウソが死んだって話をケタケタ笑いながら話すリポーター・・・
  • なんで笑って話すかな
  • 動物好きはフジテレビを見ないぞ

など、厳しい批判の声。MCの小倉さんや梅津アナからフォローが入ればよかったのですが、それもなく終わったので余計に話題となってしまったようです。

海老原優香アナはまだ新人なので・・・」という理由はなくはないですが、プロとして番組に出る以上、この批判を前向きに受け止め、次に生かすことも必要。

メインキャスターの小倉智明さん(70)から見れば、海老原優香アナ(23)は孫のような年齢でもあり、フォローして可愛がってあげてほしいなって思いました。

それにしても、先ほどの梅津アナが、事件や事故のニュースの時の感情移入した顔になるというのと、今回の海老原アナの件は真逆のお話ですよね。

海老原優香アナは、当然、日々勉強だと思いますが、いずれは来るであろう小倉キャスターの“いじり”を、うまくかわせるだけの度量と実力を身に着けて頑張ってほしいものだと思いました。

自分が新人だった頃を思い出し、少し熱が入ったコメントになってしまいましたm(__)m