サルもおだてりゃ木に登る

生きづらい世の中だけど感じることを感じるままに。

稲田防衛大臣辞任に安倍首相陳謝!相次ぐ失言と自衛隊日報問題隠蔽が原因?!

スポンサーリンク



今回は政治ネタです。あまりこの方面は書かない方なのですが、ちょっと思うところがあったので・・。

稲田防衛相がついに辞任しました。「ついに」と言いましたが、遅すぎるという意見も・・。

 

f:id:lajournal:20170728130920j:plain

出典:http://www.asahi.com/articles/ASK7W6J3QK7WUTFK04Z.html

28日午前、安倍首相は記者団に対して稲田防衛相の辞表を受理したことを明らかにし、任命責任について国民に陳謝しました。

安倍首相は「防衛省のトップとして監督責任を取りたい、けじめをつけたいとの強い申し出がありました。そのため大臣の意思を尊重し、辞表を受理することといたしました」とコメント。

さらには、「閣僚の任命責任については、すべて総理大臣たる私にあります」「こうした結果となりましたことについて、改めておわび申し上げたいと思います」と国民に向けた陳謝のコメントを残しています。

また、稲田防衛相の説明責任については、「稲田防衛相は特別防衛監察を行って全容を解明し職責を果たしてきた。国会の要請があれば政府として対応していくことは当然だ」とコメント。

そして、内閣改造までは岸田外相が防衛相を兼務することを明らかにした。・・わたしが引っかかったのは、ここ。北がミサイルを・・とか言っているときに、便宜上、岸田外務大臣が兼務?

「どうせ兼務するなら、安倍総理大臣ではないのか?」と思った次第です。

今、近年にないほど緊迫する近隣諸国との問題の中、兼務で、外務大臣のなの?って・・。

安倍首相は、「加計学園問題」や「森友学園問題」で忙しいので、岸田さんよろしくって感じなのでしょうか?

何も起こらなかった時代ならいざ知らず、今の時期のこれは無いような気がするのはわたしだけでしょうか?