サルもおだてりゃ木に登る

生きづらい世の中だけど感じることを感じるままに。

広島カープ2017マジック点灯後いつ優勝するのか?その日を最新条件を鑑みわたし的に予想してみた件!

スポンサーリンク



今回は、プロ野球セントラルリーグ2017年のペナントレース争いでマジック点灯させている広島カープについて書いていきたいと思います。

 

こう見えて、わたくしプロ野球熱血応援女子としては、どの球団も分け隔てなく(ホントか?)見ていきたいと思います。しかし、わたしの分析力は困ったことにゼロ!いや、」マイナスかもしれません。

なので、数字による分析はココではあてにしないで(笑)、わたしの独断と偏見によるニュアンス的なお話とさせていただきます(汗)。

広島カープ現在の最新マジックは?

f:id:lajournal:20170821114642j:plain

出典:https://lineblog.me/dessart/archives/10584709.html

2017年のペナントレースも終盤戦。既に広島カープにマジック24(8月20日現在)が点灯しています。ほぼ、だれもが広島カープの優勝を疑っていません。そんな中いつ優勝しそうなのか?その日を予想してみたいと思います。

まず、8月20日のヤクルト戦で、8回裏が始まるまで1-5の劣勢。この時点で、広島カープ勝利の確率は低かったと思います。

しかし、そこは逆転の広島カープ。田中倒れて1アウト。菊池レフトへのヒットの後の丸の2ランHR!さらに続き、誠也のレフトへのヒットが飛び出すと、松山がこの日2本目の2ランHR!この回4点で5-5同点。

f:id:lajournal:20170821114712p:plain

出典:http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=11026613

ホントに、漫画のような同点劇。さらに、延長10回裏。誠也の2ベースの後、一人飛んで打席にエルドレッド。左中間スタンドにワンバウンドで飛び込むエンタイトル2ベース。これはもう漫画の世界。

今季32度目の逆転勝利で、広島カープはマジックを24としました。

ペナント優勝の条件?

しかし、プロ野球ウォッチャーのわたしとしては、広島カープ選手の疲弊は現在がピークではないかとみています。この夏の暑い時期、ホームスタジアムは野外。しかも、セントラルでは一番南のチームで、関東圏に3球団もあるため、その移動距離は一番多いチームとなります。

しかも、今年は、ホームスタジアムが野外にもかかわらず、雨による中止試合が少なく、ゲーム消化率はリーグトップ。疲弊して当然でしょう。そんな中でも昨日のように、最後の方(8回)に来ての逆転劇を見せるのは精神力が凄いのでしょう。

f:id:lajournal:20170821114748j:plain

出典:http://kyoukaran.com/suraili/

広島カープが強くなったのは、練習に裏付けされた自信と精神力かと思います。どこかの球団の様に、付け焼刃で若手起用しても、委縮して結果が出せず自信喪失してしまっては元も子もありません。せっかくいいコーチを広島から引っこ抜いたのですから、若手を任せればいいものを・・。

・・いや、話がずれました。本題に戻ります。広島カープの優勝の予想日ですが、マジックの対象となっているのが阪神タイガース。なので、阪神の勝ち負けによって決まってきます。

その阪神ですが、わたし的には失礼ながら、ここまで2位でいるとは思っていませんでした。交流戦あたりで落ちてくることを予想していました。しかし、落ちないのは、金本監督の育成に舵を切った昨年からの方針が功を奏してきたのかと思われます。

この先、フロントや訳の分からないOBなどが物申さなければ、阪神はかなりの確率で2位キープしていくと思います。というのも、8月初めには最大10.5ゲーム差(たぶん)だったのではないかと思いますが、8月20日現在は8.5ゲーム差。むしろ、追いかけられています。

わたし的優勝日予想は?

しかし、例年、どのチームを見てもそう思うのですが、マジック点灯後は勝率が高くなり優勝予想が早くなる傾向かと(わたし的には)。

なので、勝率6割あたりで計算すると9月16日のマツダでのヤクルト戦あたりかと思いますが、もう少し前のカードの12~14日のマツダでのDeNA戦、もしくは、その前のカード8~10日のナゴヤドームの中日戦も候補かもしれません。

そんな中で、超大胆にわたし的優勝日予想~(ドラムロール♪)。希望的観測も含め9月12日のマツダでのDeNA戦とさせていただきます。

その理由は?・・・『勘』ですm(__)m。