サルもおだてりゃ木に登る

生きづらい世の中だけど感じることを感じるままに。

太陽フレアとは?2017年今日以降地球のどんな影響があるの?

スポンサーリンク



昨日から、ニュースで取り上げられている「太陽フレア」というのが、わたしには全くわかりません。ちんぷんかんぷんなので、基本的なことだけでも知りたいと思い、調べてみました。

太陽フレアとは?

 昨日から、NASAの太陽観測衛星「SDO(ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー)」が、2017年9月6日に太陽で2回の大型太陽フレアを観測した。そんなニュースが流れ続けています。

その「太陽フレア」というのが、わたしにはさっぱりなんですが、太陽の表面で起きている爆発現象のことで、その形がフレア(火炎)のように見えるところから名付けられているんだそうです。

f:id:lajournal:20170908100021j:plain

出典:http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/07/solar-flare_a_23199900/

別称は太陽面爆発とも言われるようです。太陽系で最大の爆発現象のことで、小規模なものは1日3回程度起きているんだそうです。

地球に影響はあるの?

では、それが起こると何がどうなるのでしょうか?わたしたちが住んでる地球には、影響があるんでしょうか?

フレアが発生すると、X線やガンマ線などとともに、加速された荷電粒子が大量に発生するんだそうです。そして、これらが地球に到達すると、電波障害の原因となるデリンジャー現象や磁気嵐、オーロラ嵐が起きるなどの影響があるんだそうなんです。

「う~ん!」仕組みは良くは分かりませんが、影響がある事は理解できました。NASAでは、情報通信研究機構などは、人工衛星やGPS、送電線への影響に対して注意を促しているようですね。

f:id:lajournal:20170908100059j:plain

出典:http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/07/solar-flare_a_23199900/

今回発生したの太陽フレアは、9月6日に2回発生。それぞれのX線等級はX2.2とX9.3と、かなり強力のようです。

いつからいつまで注意が必要?

具体的な影響としては、通信衛星や放送衛星などの人工衛星での障害の発生、GPSなどの測位システムの誤差の増大、さらには送電線への影響などが予測されるようです。

高温のコロナガスが地球方向に噴出したこと及び高エネルギーのプロトン粒子の増加が確認され、コロナガスは日本時間9月8日(金)15時から24時ごろにかけて、到来することが予測されているようです。

そして、数日間~1週間に渡ってさまざまな影響が出るんだそうです。わたしたちの生活の中で影響が出てくる影響とは、一番身近なもので困りそうなのが、GPSシステムでしょうか。航空機にもGPSはついてるので、どうなのでしょうか?

しかも、注意しろって言われても、一個人で何かできることは、ほとんど無さそうです。9月8日以降に通信関連の障害がおきたとしたら「太陽フレアのせいかな?」と思うことくらいでしょうか。

しかし、今回調べてみて、まだまだ、わたしたちの住んでる地球の事でもあまり分かっていないのに、宇宙にはいろんな不思議があるんだろうなって思いました。