サルもおだてりゃ木に登る

生きづらい世の中だけど感じることを感じるままに。

プロ野球解説者順位予想2017の中間チェックセリーグ編!後半戦の展望はどうなる?!

スポンサーリンク



早いもので、オールスター戦も終わりいよいよプロ野球は後半戦に突入です。ここで、前半戦の状況確認およびプロ野球解説者の順位予想の当たりはずれと、後半戦の展望をみていきたいと思います。

 

後半戦はいつからなのか?楽しみにしている方も多いと思います。日程的には7月17日月曜日から始まります。

対戦相手は、ヤクルト vs DeNA(横浜)、巨人 vs 中日(名古屋D)、広島 vs 阪神(甲子園)です。

前半戦の順位は・・

まずは、プロ野球セリーグ前半戦の順位から確認したいと思います。

f:id:lajournal:20170716175133p:plain

出典:プロ野球 - セ・リーグ順位 - スポーツナビ

前半戦を終えて、セリーグは広島が2位阪神に8ゲーム差をつけたダントツ1位。また最下位は10連敗を2度するなどけが人の多いヤクルト

阪神の試合消化率が一番悪く、一番消化している中日に比べ5試合の違いとなっています。つまり後半戦、一番試合数が多いのが阪神ということになります。

プロ野球解説者の順位予想は?

この辺りがどう影響してくるのかが見どころとなりますが、開幕する前の3月に、プロ野球解説者の方々が順位予想された順位と今がどう隔たりがあるのか観ていきたいと思います。

ちなみに、昨年の最終順位の優勝を広島と当てたのはもちろん、6位まですべてを当てたのは、元ロッテの投手小宮山悟さんただ一人でした。

2017年今年の予想は・・・

岡田彰布:1位巨人/2位広島/3位阪神/4位DeNA/5位ヤクルト/6位中日
中畑清:1位巨人/2位広島/3位DeNA/4位阪神/5位中日/6位ヤクルト
村上雅則:1位巨人/2位広島/3位阪神/4位DeNA/5位ヤクルト/6位中日
平松政次:1位巨人/2位阪神/3位中日/4位広島/5位ヤクルト/6位DeNA
篠塚和典:1位巨人/2位広島/3位阪神/4位ヤクルト/5位DeNA/6位中日
広沢克己:1位阪神/2位広島/3位巨人/4位DeNA/5位ヤクルト/6位中日
遠山奨志:1位巨人/2位DeNA/3位阪神/4位広島/5位ヤクルト/6位中日
江本孟紀:1位巨人/2位阪神/3位広島/4位DeNA/5位ヤクルト/6位中日
安仁屋宗八:1位広島/2位阪神/3位巨人/4位DeNA/5位ヤクルト/6位中日
斎藤和巳:1位巨人/2位広島/3位DeNA/4位ヤクルト/5位阪神/6位中日
里崎智也:1位巨人/2位広島/3位ヤクルト/4位DeNA/5位阪神/6位中日
伊原春樹:1位DeNA/2位巨人/3位中日/4位広島/5位阪神/6位ヤクルト
西本聖:1位巨人/2位広島/3位阪神/4位DeNA/5位中日/6位ヤクルト
川口和久:1位広島/2位巨人/3位DeNA/4位阪神/5位中日/6位ヤクルト
武田一浩:1位DeNA/2位広島/3位巨人/4位阪神/5位ヤクルト/6位中日
野村弘樹:1位巨人/2位広島/3位DeNA/4位ヤクルト/5位阪神/6位中日
野村謙二郎:1位広島/2位DeNA/3位巨人/4位阪神/5位中日/6位ヤクルト
水野雄仁:1位巨人/2位広島/3位DeNA/4位中日/5位阪神/6位ヤクルト
小宮山悟:1位広島/2位阪神/3位巨人/4位DeNA/5位ヤクルト/6位中日
赤星憲広:1位阪神/2位DeNA/3位広島/4位巨人/5位ヤクルト/6位中日

となっていました。もちろん途中経過ですので、まだ不正解の方はありません。ですが、現在順位と一緒な予想の方がいらっしゃるでしょうか?

この中にはいらっしゃいませんでした。しかし、わたしがここに記載していなかった解説者の方で、前半戦として当てていらっしゃる方がおられました。

その方は、元阪神タイガース投手の下柳剛さんです。下柳さんの予想は・・・

1位広島/2位阪神/3位DeNA/4位巨人/5位ヤクルト/6位中日

でしたので、前半戦のパーフェクトです。

2017プロ野球セリーグ後半戦展望

ここからは、2017プロ野球セリーグ後半戦展望です。わたしの勝手な意見を書かせていただきたいと思います。

f:id:lajournal:20170716191243j:plain

出典:https://mainichi.jp/articles/20160911/ddm/001/050/068000c

まずは、現在1位の広島は、問題があるとすれば故障者が出た場合です。ただ、広島の場合、代わりに他に活躍する選手が出てきているのが、今までの強みでした。だから失速しなかったのです。

後半戦も、仮に、故障者が出ても出てくる選手がいたならこのまま突っ走ると思います。

問題はCSが絡んでくる2位、3位です。現段階で、可能性があるのが阪神、DeNA、巨人、中日でしょうか。この中で、不気味なのが巨人。後半戦、いいスタートが切れれば上がってくるかもしれません。

2位の阪神は、先ほども書きましたが、ゲーム消化率が悪いので、他のチームより試合数が多い、しかも阪神の場合、夏の高校野球甲子園大会があるため死のロードがついてきます。

ここを乗り切ることが出来るかどうか?がカギかと思います。そしてもう一つは、フロントがいらないお世話をして金本監督の邪魔をしない事でしょう。

今度獲った外人だって、金本監督が望んだことなんでしょうか?疑問です。

DeNAは、オールスターでもみせた筒香の復調が本物なら、上がってくる可能性がありますね。落ちるも上がるも筒香次第かと思います。

中日は、粘り強くなってきている。ゲレーロが機能して若手が頑張ってきているので、可能性としてないとは言えないでしょう。大島も元気ですし、あとは平田の復調待ちでしょうか。

2017プロ野球セリーグ後半戦にメイクドラマはあるのか?後半戦の戦いに期待しましょう。