サルもおだてりゃ木に登る

生きづらい世の中だけど感じることを感じるままに。

広島カープ2017マジック点灯も減り方悪く3度目の消滅をした現在、いつ優勝になるのか再検討した件!

スポンサーリンク



2017年8月30日、プロ野球広島カープは東京ドームで巨人と対戦し、4対6で敗れました。東京ドームでは今季8戦目で初黒星を喫したことになります。これにより巨人は本拠地同一球団連敗記録の更新を免れたことになります。

対するカープは、2017シーズンマジックを3度点灯させるも、3度目の消滅ということで、事態は深刻なのではないでしょうか?現在の状況と、先日予想したいつ優勝するのかの変更が必要になったのか?を、考えていきたいと思います。

 

なぜ広島カープのマジックは消滅となったのか?

8月30日の試合で、広島カープジャイアンツに敗れ、マジック対象である2位阪神が勝利したためゲーム差は6・5に縮まり、セ・リーグ連覇へのマジックが消滅。これが3度目となります。

f:id:lajournal:20170831122807j:plain

出典:http://koisoku.ldblog.jp/archives/51978211.html#more

この日の試合は、先発大瀬良。開幕から無傷の7連勝を続けたりして不敗神話とも言われたりしていたのに、ここに来て先日のDeNA戦といい昨日のジャイアンツ戦と言い、投手に打たれて失点。言い訳できない状況でのマジック消滅です。

この試合だけで大瀬良投手をどうこう言うつもりはありませんが、先日の阪神戦での藤浪投手からデッドボールを受けた際、笑顔で「大丈夫」と返したことで「大瀬良どうなの?」と個人的に思ってしましました。

昨年引退した黒田博樹投手は、同じく阪神藤浪投手にデッドボールになりそうな球を2打席連続で投げられ、マウンドに向かい怒号を投げかけました。試合後、黒田投手が言った言葉は「舐められたらいけない」というものでした。

野球選手にとってデッドボールはケガの恐れがあり怖いもの。真剣勝負の場なので、ボールデッドの場面とはいえ笑顔は似合わない気がします。まぁ、大瀬良投手の場合、そこがいいところでもあるのですが・・・。

f:id:lajournal:20170831122952j:plain

なぜこの話をするかというと、8月の初旬だったと思いますが、解説者の大矢さんが「優勝は広島で決まり。ただし、油断や慢心しない事」といったことを思い出したからです。

ないと思いたいけれど、「油断や慢心」は心のすき間に入り込みそうなモノなので、気を付けていきたいですね。ただ、昨日の負けた試合の中でも、選手は最後まで全力を見せてくれています。

昨日の緒方監督の談話の中に「大地の話はいい。考えるところがある」と話し、「試合終了までしっかり戦ってくれた」と選手をたたえたとか。期待しましょう。

今回のマジック消滅は、むしろ、マジック対象チームの阪神タイガースを褒めましょう。2位阪神と最大11.5ゲーム合った差が現在6.5ゲーム。阪神が本当に強くなったという事でしょう。

そして、DeNA広島からすれば悪夢の3試合連続のサヨナラ負けDeNAも粘っていますよね。巨人が来そうなCS予想をしたわたしですが、巨人が来るためには、今日31日の試合の勝利は必須のような気がします。

カープ優勝はいつになるのか予想を修正?

f:id:lajournal:20170831123029j:plain

前に、広島カープ優勝予想について触れました。広島カープ以外を優勝チームにする予想変更はしませんが日程を変更したいと思います。

以前には、9月8~10日のナゴヤドームでの中日戦やマツダでのDeNA戦も対象にしていましたがこれを除きます。9月16日のヤクルト戦を最終としていましたが、9月22日のマツダでの巨人戦まで対象とします。

つまり、16日~22日までですね。修正させていただきたいと思いますm(__)m(汗)。